2018年1月28日日曜日

主日礼拝「光の子らしき歩み」

主日礼拝メッセージ「光の子らしき歩み」エペソ人への手紙5章8~14節


(長谷川和雄師)

『十字架の福音に生きる教会』を目指す教会として、神の愛を日々深く覚え、互いの間に十字架を立て、十字架の福音によって一つとされ、神の栄光を拝する教会を目指します。前回は、親に愛されている子どもが親を真似るように、神との交わりを回復するために御子をこの世に送るほどの愛を受け、罪を赦しきよめられた神の子どもとして、御父を深く心に留めて真似ます。また、神のものとして聖別された者らしく、他人と自分の品性を傷つける言葉を言わず、神と互いの存在を感謝し、大切に思う事です。そして、神の国を継ぐ者として不品行、汚れ、貪欲などの偶像礼拝を避け、み言葉に立って歩もうと学びました。

今日の中心聖句(8)から、「光の子らしき歩み」について学びます。神は真の光であり(Ⅰヨハ1:5、ヨハ1:9)、命の源であり、真理の基準です。クリスチャンは闇の子から光の子とされました(8)。光りの子の歩みはどのようなものなのでしょうか。

Ⅰ、光は良い実を結ぶ (8—9)…

  1. 救われる前は闇の子(8)。真の光である神を拒絶し、背を向けると闇が生じます。人が神に背き従わない人生は闇であり、あらゆる不正、不義、汚れ、争いが生じます(ロマ1:28—31)。
  2. 真の神を信じ救われ光の子どもとされます。主にあって変えられ新生し、キリストが輝きます。新生は、罪の赦し、罪が忘れられ、きよめられることとは違います。赦しのない新生、新生のない赦しはありません。救いは実質的な聖霊による変革が伴います。罪の性質が取り扱われ、神との関係が健全で自由になります。物まねではなく、臨在し内住される主の新しい命に生かされ、主に出会い、心の闇の恐ろしさに気付き、主を罪・闇の生活からの救い主として受け入れたのです(ヨハ8:12)。「世の光」と言われた主の光を受け、その光を反射する者として、私たちは「世の光」(マタ5:14)とされたのです。世の人々は、神の光を直接見られませんが、神の光を反射するクリスチャンを通して神の光を見られるようになります。
  3. 光の子の歩み。光の中で植物は良い実を結ぶように、真の光の子は、神と人の良きことを願う「善意」と、神の目に正しい「正義」と、純粋で誠実な心からの「真実」などの、聖霊の実を結びます(9、マタ12:33、ガラ5:22—23)。しかし、不誠実な友の影響を受けて、知らないうちに不誠実になります。けれども、光である神に結びついていると品性の実を結びます(ヨハ15:7—8)。

Ⅱ、光は闇の業を暴露する(10—12)…

  1. 自分を喜ばせず、神に喜ばれ、受け入れられる神のみこころ(みこころを知る5つの法則)に生きます(10、ロマ15:1—3)。光の中を歩む(聖化の道)とは、それぞれが与えられた「光」良心に示された神の導きに、素直に従うことです(1ヨハ1:7)。
  2. 闇を告発する(11—12)。真の光の子は、闇の仲間入りをせず、闇に行動と態度でノーといえます(バプテスマのヨハネ、安利淑)。闇の業に加わる者は、光が一番怖いのです。クリスチャンは光です。光としての使命を全うさせていただきましょう。

Ⅲ、光は闇を照らす (13—14)…

  1. 光は譴責する。隠れた罪の言動は、やがて全て明らかにされます(マタ10:26)。
  2. 罪人は、光を受け入れ光となる。神の光が心を照らし、罪を示す時、照らされた人が素直に罪を認めて、悔い改める時、光の子と変えられるのです(Ⅰヨハ1:7—9)。
  3. 教会の使命は、神の光を照らすこと。霊的に眠っている人に、混迷状態から抜け出て、罪を自覚し、神の光を受け入れるよう勧めています(14)。神の光を受け入れ、良心の光に鋭敏に応答し、豊かに神の光を受け、福音の証人となりましょう。


教会の各活動


臨時教会役員会(総会準備)が行われました。


今週~来週の予定

 

○婦人祈祷会 火曜日(1月30日)10:30~12:00


聖書:ルカによる福音書19章10節
題:かけがえのないいのち
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:195、202

○聖書研究祈祷会 水曜日(1月31日)19:30~21:00


聖書:使徒行伝21章27~40節
題:パウロの逮捕と弁明準備
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:257、390、429

○主日礼拝 来週日曜日(2月4日)10:30~12:00


招詞:ヨハネの福音書15章9~10節
交読文:57 1コリント書13章
聖書:エペソ書5章21~33節
題:「互いに愛し敬おう」
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:2、143、145