2017年12月31日日曜日

年末感謝礼拝「神の恵みを忘れるな」

年末感謝礼拝メッセージ「神の恵みを忘れるな」詩篇103篇1~5節


(長谷川和雄師)


詩篇103篇は、1~5節までは個人的感謝を、6節以降は民全体への主の恵みと憐みが記されています。感謝は礼拝の重要な要素です。感謝の心は神の恵みを理解し、体験している表れです。この一年、今日に至るまでの守りや、神の祝福を心から感謝しましょう。

Ⅰ. 自分への呼びかけの大切さ…


  1. なぜ、自分の魂(自分自身)に向かって呼びかける必要があるのでしょうか(1)。あるがままの私たちは、神を褒め称えないで自分の功績を褒め称えようとします(ルカ10:25—28)。これが罪の根です。私たちは十字架の血潮のゆえに、主を称えることができるのですから、全存在をかけて主を信じ、十字架の愛を受け入れましょう。
  2. 「聖なるみ名をほめよ」(1)。「聖」とは、罪深く汚れた者が、主の十字架の血潮のゆえに主の所有とされ、主のために用いられ者です。
  3. 「すべてのめぐみを心にとめよ」(2)。ダビデは、主の恵みを忘れやすく、恨み、悪意などは忘れず覚えていて、主の恵みに慣れる事は信仰の危機と感じたのです。だから、「主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(2、新改訳)と、自分や民に言う必要がありました。

Ⅱ. 主の恵みへの感謝の心…


私たちは、主の恵みや神の祝福はすぐに忘れてしまう者です(ルカ17:11—19)。神の恵みや祝福を具体的に記します。

  1. 「すべての不義をゆるし」(3)。強情、ひねくれた心、ゆがんだ心は、自分に与えられたものを感謝せず、いつも他人を比べ、ないものねだりをする心です。罪人で、的外れな事を言ったりやったりし、神に背を向け、永遠のさばきに定められ、神から見捨てられて当然な者を、神は十字架を通して見て全部赦してくださいました。主の忍耐を覚えて感謝します。
  2. 「すべての病をいやし」(3)。各種の痛み、痛烈な痛みを伴う末期ガン。しかし、痛みを伴わない病はそれ以上に怖いです。現代の医療の恩恵にも感謝し、その背後におられる癒しの神に感謝します。
  3. 「いのちを墓からあがないいだし」(4)。「地獄行きの身を身受けし」(リビングB)。愛せず、赦せず、自分を飾り、嘘、偽善、弁解、虚栄に生き、罪によって死んでいた者を、神は愛し、主を信じる者を主と共に生かし救い出し(エペ2:1—8)、絶望に変え、生きる希望を与えてくださったことを感謝します。
  4. 「いつくしみと、あわれみとをあなたにこうむらせ」(4)。「恵みとあわれみとの冠をかぶらせ」(新改訳)。「冠」は、王や勝利者に与えられるものです。神は、私たちを王か罪の勝利者として見てくださるのです。これは、母親にとって我子は、王子が扱われるように大切に扱います。そんな特権に与っていることに感謝しましょう。
  5. 「生きながらえるかぎり、良き物をもって…飽き足らせられる」(5)。主が男5千人の給食をされたように(マタ14:14—21)、神はいつでも、どこでも、誰に対しても、良きものをもって満たします。あらゆる恵みを、溢れるばかりに与える神に心から感謝しましょう(Ⅱコリ9:6—11)。神は良いものしか与えられない方です。その事のゆえに、神に感謝するのです。
  6. 「若返って、わしのように新たになる」(5)。鷲の羽は一年ごとに生え変わり、新しい力を受けるように、主を待ち望む者は新しい力を受けます(イザ40:28—31)。み言葉に生きる者を、神は豊かに祝福し、豊かな実を結ばせ、栄えさせてくださると約束しています(詩篇1:2—3)。そのような人は「年老いても、なお、実を実らせ、みずみずしく、おい茂り」、感謝な生活ができるのです。主にあって、いつも生き生きとした姿、若返りが約束されているのです。十字架の恵みによって罪の赦しが与えられる約束のゆえに、主に心から感謝する年末でありましょう。


教会の各活動


クリスマスの片付けが行われました。


今週~来週の予定

○元旦礼拝 今週月曜日(1月1日)10:30~12:00


招詞:イザヤ書43章19節
交読文:30  詩篇96篇
聖書:詩篇9篇1~6節
題:みわざを宣べ伝えます
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:2、435,429

○聖書研究祈祷会 水曜日(1月3日)19:30~21:00


※休会します(1月10日から再開)

○新年礼拝 来週日曜日(1月7日)10:30~12:00


招詞:Ⅱコリント書5章17節
交読文:1  詩篇1篇
聖書:エペソ書4章25~32節
題:「新しい人の歩み」
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:27、374、382