2017年12月24日日曜日

クリスマス礼拝「さあ、ベツレヘムへ」

クリスマス礼拝メッセージ「さあ、ベツレヘムへ」ルカによる福音書2章8~20節


(長谷川和雄師)


神の御子はベツレヘムに生まれ、その様子を燭火礼拝で学びました。生れた所は暗く、汚く、惨めな家畜小屋でしたが、それは、そんな所しか提供できなかった人間の惨めさです。神は、人に見せられない、醜い所を御子の宿り場とされました。人間の暗く、醜くい罪と恥と弱さこそ、最も救い主を必要なところで、救い主に出会える場所です。その暗くて恥じる部分をもって、主の前に立てる事を知らされるのが、本当のクリスマスです。今日はその続きです。この神の御子イエスの誕生を、最初に聞いた人々は羊飼いでした。その羊飼いは、御子の誕生を知り、どのようにしたのか見ましょう。

Ⅰ. 羊飼い…


神が、御子の誕生を最初に知らせたのは、祭司やレビ人、聖書学者や宗教家、エルサレムの議員ではなく、羊飼いでした。
  1. 貧しい羊飼い。神は、羊飼いが動物相手の仕事で、当時は身分が低く、学問も無く、宗教行事に余り参加できず汚れており、罪に満ちた、そんな羊飼いを顧みました。救い主誕生の知らせには、貧しさとの主題があります(イザ61:1、ルカ1:48)。
  2. 他の羊飼いの姿。①ダビデ王は羊飼いであり、主なる神を自分の牧者、羊飼いとして賛美しました (詩篇23:1)。②主は、「わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる」(ヨハ10:11)と語りました。これらから、羊を養い導く羊飼いを御子に当てはめ、私たちの魂の牧者の誕生を示しています。

Ⅱ. 羊飼いの反応…


羊飼いは、天の力によってクリスマスの出来事に導かれました。
  1. 生活の場に現れる主。羊飼いは野宿し羊の群れを守る仕事場に、突然主の使いが現れ、救い主誕生の知らせを知らされ、天の軍勢と御使いたちが共に神を賛美する姿を見て驚き恐れました。
  2. 素直な羊飼い。彼らは御使いが離れた時、疑わず素直な心で受け入れました。これこそ信仰の出来事です。彼らは、小さい時から救い主の預言を聞いていたので(教会学校の大切さ)、特別な形で知った救い主誕生の知らせを素直に受け入れ、「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこよう」(15)と、励まし合い、しかも、後でなく直ぐ、「急いで行っ」たので、「マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあて」(16)ました。
  3. み言葉通りを喜ぶ。羊飼いが見聞きしたことは、御使いの言った通りだったので、御子を素直に救い主と受け入れ、人々に救い主誕生を知らせ、神を賛美しつつ、自分の持ち場に帰りました。4)与えられたしるし。地上の事を通し、天的な事を知らせるのがしるしです。洗礼式の水や、聖餐式のパンと葡萄酒はしるしです。羊飼いへのしるしは、救い主と受け入れにくい弱い赤子で、しかも家畜小屋の飼い葉桶に寝ていました。私たちは外見的に判断しやすいですが、救い主に出会うのは、その人の弱く醜く隠したい所で、救い主の印を見るのです。

Ⅲ. 私たちのベツレヘムとは…


神の御子が居られる所です。
  1. ベツレヘムなる教会。ベツレヘムに御子が居られ、教会には見えず隠れた形で主が臨在し、働き続けています。
  2. 神に出会う教会。神のみ前で、人ではなく神を礼拝しているのです。教会で神を知り、信仰を告白し、賛美し、祈り、み言葉を聞き、神に献げものをし、神の守りと導きを信じ、教会から持ち場に遣わされます。
  3. 助け合う教会。ベツレヘムに助けと保護が必要な、幼子イエスがいるように、教会に助けを必要とする人の内に主がおり、助けを待っています。互いに助け合うために教会に集められるのです。「さあ、教会に行こう」と礼拝に出席し、互いに執り成し、互いに助け合う所とさせていただきましょう。

クリスマス祝会の様子
教会の各活動


クリスマス祝会とキャロリングが行われました。


今週~来週の予定

○聖書研究祈祷会 水曜日(12月27日)19:30~21:00


聖書:マタイによる福音書5章9節
題:平和をつくる人
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:190、199、448

○年末感謝礼拝 来週日曜日(12月31日)10:30~12:00


招詞:詩篇95篇1~2節
交読文:31  詩篇100篇
聖書:詩篇103篇1~5節
題:「神の恵みを忘れるな」
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:18、172、171

○元旦礼拝 来週月曜日(1月1日)10:30~12:00


招詞:イザヤ書43章19節
交読文:30  詩篇96篇
聖書:詩篇9篇1~6節
題:みわざを宣べ伝えます
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:2、435,429