京都信愛教会の牧師先生



長谷川和雄(はせがわかずお)師 (正教師) は、新潟県で1946年に生まれ、直江津愛眞教会に導かれ、 寺川軍次先生より1963年に受洗、教会学校教師・教区青年会役員・教会役員として奉仕、 三菱化成(三菱化学)に計装技師、計量士として勤務、結婚し二女に恵まれる。 水島工場転勤により岡南教会に導かれた時、直接献身の召しを受ける。 1987年関西聖書神学校を卒業。 新庄明星教会(5年)、峰山教会(10年)、服部喜望教会(4年)、辰野教会(7年)の奉仕、 教会学校局主事、大阪教区役員(会計)、教会学校局局長、信越教区教区長、 長野県福音放送を支える会委員長の奉仕をし、現在に至っている。

長谷川ひさい師 (補教師) は、新潟県で1948年に生まれ、日本同盟基督教団・松浜キリスト教会に導かれ、 リース宣教師より1971年に受洗、マクダニエル宣教師より薫陶を受ける。 教会学校教師、青年会会長として奉仕、幼稚園に勤務、 結婚により直江津愛眞教会に導かれ教会学校教師・婦人会役員として奉仕、 岡南教会にて教会学校教師として奉仕。 その後、補教師となり関西聖書神学校に聴講し現在に至っている。

 

これまでの主管牧師

1947年(昭和22年)~1985年(昭和60年)岡本泰三師
1985年(昭和60年)~1986年(昭和61年)村上資朗師
1986年(昭和61年)~2002年(平成14年)足立幹夫師
2002年(平成14年)~2013年(平成25年)加藤郁生師
2013年(平成25年)~現在長谷川和雄師