2015年12月27日日曜日

年末感謝礼拝「主に感謝せよ」

礼拝メッセージ「主に感謝せよ」詩篇136篇1~26節


長谷川和雄師


今年、教会で感謝な事。

  1. 礼拝、祈祷会等の祝福。経済と健康の守り。
  2. 会堂安全工事。ファミリーコンサート。
  3. 村上宣道師の集会テレビに放映。
  4. 大学合格。2名の受洗。
  5. 結婚式と婚約式。

教会に愛が溢れた年でした。感謝とは、自分への好意や親切をありがたく思う事です。欲しい物を頂き幸せに思った時、過ぎた事と思う時、恩に感じ畏れ多い事を受けた時、お世話になった時、苦労を掛け煩わせた時などに謝意を表す事です。私たちは神を無視し、頑固でしたが神に愛され、十字架の贖い恵みを受け、神の子とされ、永遠の命を与えられ、今も覚えられ祈られている事は感謝です。この詩篇は、「いつくしみはとこしえに絶えることがない」と繰り返しますが、どんな感謝の言葉に付けても良い言葉です。ある拝金者が、どんな俳句にもぴったりの下の句は、「それにつけても金の欲しさよ」ですと言いました。私たちは、どんな下の句で祈るでしょか。

Ⅰ. 主に感謝せよ(1-3)

  1. 私たちは直ぐ主の恵みを忘れる者です。恨み、辛み、ひどい仕打ちはいつまでも忘れないのに、神の祝福はすぐ忘れ、恵み慣れします。この詩篇の作者自身が自分に向かって呼びかけるのは、あるがままの私たちは、神を褒め称えません。かえって自分を褒め称えようとします。自分の名誉、これが罪の根です。作者はイスラエルの民全体にも呼びかけます。
  2. イスラエルの民は、主の恵みが永遠に続く事を受け入れないので、何度も民に呼びかけました。主は恵みを思い出し見出し、感謝するよう薦めます。

Ⅱ. 創造の主に感謝せよ(4-9)

  1. 神は、私たちの想像をはるかに超えた奇跡をもって、天地の全てを創造しましたが、私たちは神の創造に恵み慣れし、主をないがしろにしていませんか(4)。いつも創造主に感謝をしましょう。オウガスチンの言葉。①神は奇跡をなされる。②大きな奇跡をなされる。③神だけがなされる奇跡です。天地万物、神の創造のみ業のすばらしさを称えました。
  2. ある方が、「闇夜を照らす電気代を払う人が、なぜ昼を明るくしてくださる神に感謝しないのだろう。したとしても電気代よりも少ない」と言いました。

Ⅲ. 歴史を支配される主に感謝せよ(10-22)

  1. 人間的に不可能でも、神は私たちに神の力強い御手を差し伸べられます。神はイスラエルの民をエジプトから救出されました。私たちは日々どのような存在でしょう。命に至らせる香りですか。滅びに至らせる香りですか。全てを支配されている主に期待して歩み、キリストの香りを放つ存在とならせていただきましょう(2コリント2:15-16)。
  2. 主に栄光を帰し、支配者の主を深く知る時、悪魔の支配する世に勝った主の勝利が、私たちのものとなります(1ヨハネ5:4-5)。「祈れること、集会を開ける家や、伝道できる友、奉仕できる元気が与えられたことなど」を神に感謝する者とならせていただきましょう。

Ⅳ. 必要を満たされる主に感謝せよ(23-26)

  1. 一切の必要を満たす(ピリピ4:19)と約束された主は、真実に全ての必要を満たしてくださるお方です。また、何度も神を裏切った者でも、聖なる民、宝の民と呼んでくださいます(申命記7:6-8)。神は私たちを愛し、十字架によって罪の奴隷から贖い、全ての必要を与えてくださいます。
  2. 私たちは行く処どこにおいても主を認めましょう。主が私たちの道を真っすぐにされます(箴言3:6、詩篇37:5)。そして、主にあって豊かに成長します(マタイ13:31-32)。主に感謝し、新年を迎えよう。



教会の各活動


CS冬休み書道教室にて
午後は、CS冬休み書道教室が行われました。


今週~来週の予定


○婦人祈祷会は1月12日より再開します



○聖書研究祈祷会は1月6日より再開します



○元旦礼拝 金曜日(1月1日)10:30~12:00


招詞:ヘブル書4章14-16節
交読文:22  詩篇65篇
聖書:コロサイ書1章24-29節
題:栄光の望みである主
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:18、303、363



○新年礼拝 来週日曜日(1月3日)10:30~12:00


招詞:イザヤ書43章1節
交読文:21  詩篇62篇
聖書:エレミヤ書29章1-14節
題:将来と希望を与える神
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:2、324,363