2014年4月27日日曜日

召天者合同記念礼拝「金持ちとラザロ」

礼拝メッセージ 「金持ちとラザロ」 ルカによる福音書16章19~31節

長谷川和雄師

 

今日の聖書箇所の前に主は、「将来自分を助けてくれる友を作る方法は、世の富に忠実に、知恵を用いることです。地上で神に忠実なら、神は永遠の御国に迎えて下さいます」と言われました。パリサイ人は、主の話しを嘲笑しました。そこで主は、『形式的に律法を守る時は過ぎ去り、「神の国の福音」を信じる時が来ました。妥協的に離婚を許した時代は終わり、夫婦は一心同体という完全な律法の時代であり、心が問われます』と語られました。今日の箇所では、この世の成功に酔いしれて神を信じないで死んだ金持ちの死後の叫びが記されています。

Ⅰ.金持ちとラザロ…
1) 金持ちは広い邸宅に快適に住み、最高の新しい服を着て、適度な運動を行い、栄養のある食品を食べ健康で、経済的・政治的活動などで毎日忙しく、人々に受け入れられ充実した日々を過ごしていました。大した苦労もなく、友も多くいて、毎日楽しく遊び、交わり、慰め、励ましを受けていました。有名で、石像や記念碑も建てられ、好意的な僕が多くおり、あまり悪を考えたり、行う必要もなく、戒めを守り、感謝の日々を送り、会堂でも中心的働きをし、多くの献金をし、病になれば多くの見舞いがあり、最高の医療を受け苦しみが緩和されたでしょう。
2) ラザロは貧しく、まともな服もなく、食事も満足に取れず、不健康な体で、日々生活に追われ、苦労の連続でした。助ける友もなく、罪への誘惑も多く、罪を犯してしまったことでしょう。しかし、「ラザロ」が「神は助け主」という意味であるように、彼は神を畏れ敬い、頼り、つぶやかず、疑わず、全く頼って生きました。
3) 生前、貧富の差があった金持ちとラザロですが、平等な死を迎えました。金持ちは懇切丁寧な看病を受け、多くの友にその死を惜しまれ、豪華絢爛な葬儀後、立派な墓に丁寧に葬られましたが、黄泉で苦しみもだえています。しかし、ラザロは人々に忘れられ、路地で命を失い、葬儀もなく葬られましたが、アブラハムもいる天国に導かれました。

Ⅱ.金持ちの願い…
1) 金持ちは生前、何でも自分の思い通りになったので、人々に憐れみをかけたり、神に求めたりしませんでした。しかし、今は黄泉で火炎の苦しみから抜け出せず、はるか彼方に見えるアブラハムに憐れみを叫び求めました。
2) その叫びは自己中心でした。ラザロを利用し、黄泉へよこすようにと願います。しかし、たとえラザロに憐れみの心があっても、天国と黄泉には深い隔たりがあり、行き来できないことを知り、死人の中からラザロを家族に送り警告するように願い、神をも利用しています。祭司長たちは、主によって生き返ったマリヤの弟ラザロを殺そうとしました(ヨハネ12:10)。世の人々は、主が復活しても信じませんでした。金持ちは、形式的信仰を悔い改める必要がありました。私たちも心から主を信じ、礼拝しましょう。

Ⅲ.天国への道…
み言葉をどのように聴いていますか。己の義、知識、善行に頼り、高ぶらないで、神を畏れ、主を愛し、神に頼り、み言葉によってみ心を知り、従いましょう。神の御前に立たされた時、み言葉に生かされているかどうかが問われます。日々、主にあって生かされている私たちは、自らの罪を認め、十字架を仰ぎ、心から悔い改め、主のみ言葉を素直に聴き、み言葉に従った生活をし、神に栄光を帰しましよう。天国への道(ヨハネ14:6)である主によって、神に喜ばれる者へとならせていただきましょう(ヨハネ5:38-47)。





教会の各活動

墓前祈祷にて


午後は、墓前祈祷とCS教師会が行われました。

今週~来週の予定

 

○婦人祈祷会 火曜日(29日)10:30~


※祝日のため休会します


○聖書研究祈祷会 水曜日(30日)19:30~


聖書:箴言1章7節
題:主を畏れること
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:18、354、357


○主日礼拝 来週日曜日(5月4日)10:30~


招詞:マタイによる福音書11章28-30節
交読文:14 詩篇37篇
聖書:ヤコブ書1章1-4節
題:信仰による忍耐
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:7、444、458