京都信愛教会の歴史

京都信愛教会のこれまでの歴史を、ごく簡単にご紹介します。
1943年(昭和18年)岡本泰三師が京都西陣の生家にて、郷里伝道を開始。
1944年(昭和19年)岡本師宅にて、家庭集会を開始。
1946年(昭和21年)岡本師宅にて、毎週日曜日の礼拝を開始。名称を「京都信愛教会」に。荻野兄宅などで、教会学校、聖書研究祈祷会を開始。
1947年(昭和22年)日本基督教団に加入、伝道所として登録。岡本師宅を改築し、教会の活動を全てそこで行うように。住所は京都市上京区今小路通七本松西入。
1948年(昭和23年)第二種教会となる。主管牧師は岡本泰三師。
1949年(昭和24年)木造二階建ての新会堂が立てられ、住所は京都市上京区北野東今小路町となる。
1952年(昭和27年)日本イエス・キリスト教団に加入。
1964年(昭和39年)高校生の会「しらゆり会」が発足。主日礼拝の出席者数が平均 40名に。
1973年(昭和48年)教会墓地を京都市右京区鳴滝に建立。
1975年(昭和50年)教会堂を鉄骨三階建てに建て替え。
1985年(昭和60年)岡本泰三師が召天。村上資朗師が主管牧師に。
1986年(昭和61年)村上資朗師が転任。足立幹夫師が主管牧師に。
1994年(平成6年)教会堂を京都市北区大将軍坂田町に移転。
2002年(平成14年)足立幹夫師が転任。加藤郁生師が主管牧師に。
2005年(平成17年)会堂にエレベーターを設置。
2013年(平成25年)加藤郁生師が転任。長谷川和雄師が主管牧師に。