2017年11月19日日曜日

主日礼拝「心の深みまで新たに」

主日礼拝メッセージ「心の深みまで新たに」エペソ人への手紙4章17~24節


長谷川和雄師



誰でも孤独と不安と虚しさを感じますが、億万長者でも同じです。主は一人のいのちの尊さ、存在の重さを教えました(マタ16:26)。孤独や不安を解消するために、欲望を満たそうと貪る人生は結局、虚しいままで終わってしまいます。

Ⅰ、神から離れた歩み(17—19)…


真の神を知らず、神から離れて歩む者の心をこの個所に見ます。
  1. むなしい心(17)。その心は、「実を結ばない・無駄・いくら求めても到達できない」心の状態です。もし、人が神の被造物でないなら、偶然の存在で、意味も目的もなく、人生が空しいです。しかし聖書は、神が人間を意味と目的をもって創造したと教えています。その意味や目的は、神は愛そのものの方で愛の対象として人を創造しました(1ヨハ4:8)。ですから、私たちの存在が神の目的であり、神に造られたことを感謝し、神の愛を喜んで生きることが、神の喜びです。愛の神のみこころに生きることが人生の目的であり、神に用いられるとき、私たちの存在の価値が最大限に引き出されます(ロマ12:2)。
  2. 頑なな心(18)。「頑なな心」(新改訳)の原語は「特別に固い石」の意味の派生語で、創造主に背を向け続け、神との関係がズレた状態のままで歩むことです。動脈硬化によって命の危険が迫るように、どんどん頑なとなって神の命から遠く離れる心です。イスラエルの民は、モーセに率いられエジプトを脱出し荒野を旅しますが、神は愛をもって必要を満たしましたが、神の言葉に耳を傾けず、従わず、少しの困難でも、つぶやき、文句を言い、神に背く「強情・頑固・うなじのこわい」民で、「かたくなな民」(出32:9他)と言われました。その頑なな心ゆえ、40年荒野をさ迷い、民の多くは約束の地に入れず、途中で命を失いました。頑なな心にならないために心を点検し、神への信頼や感謝の心を失ってないか、不満・愚痴・妬む心がないか、など不信仰を確認したら、主の十字架の血潮を仰ぎ、み言葉の約束に立ち、神のみこころに従い、主への信仰を告白しましょう。そして、神の愛や恵みや真実や祝福を思い起こし、神との交わりを回復しましょう(ヘブ3:8)。
  3. むさぼりの心(19)。その心は「道徳的に無感覚」(新改訳)となり、自分の欲望が満足されるなら、人の非難を気にかけないという態度で、獣のような心です(詩篇73:22)。「人の心には、神以外には埋め尽くすことの出来ない空洞がある」(パスカル)ともあります。

Ⅱ、新しい人生(20—24)…


この個所で、真理の主が教えた生き方は、主とくびきを共にし、主から学ぶ事です(マタ11:29)。
  1. 古い人を脱ぎ捨てる(20-22)。「空しく、頑なで、貪る心」のままに生きていた古い人を脱ぎ捨てることは、自分の努力や頑張りではできません。古い人を十字架につけるのです(ガラ5:24)。それは磔殺信仰、神を信じ(2コリ5:17)、明け渡す信仰によってです。信じる時、私たちの内に聖霊が宿り、新しい命に生きる者として新創造されたのです。
  2. 新しい人を着る(23-24)。十字架の恵みによって罪を赦され、きよめられ、「義」とされ、神と正しく、親しい真っ直ぐな関係を持てるのです。主の十字架の贖いは完全です。また、「聖」なる者とされ、神は私たちの本来の価値を引き出し、私たちは「神にかたどって造られた新しい人」を着る者とされます(ロマ13:14)。聖霊は神の御性質である愛、真理、誠実、寛容、忍耐などに与る者とされます。カルバリーとペンテコステ、十字架と聖霊と言われてきた通りです。弱い私たちですが、信仰の創始者・完成者である主を仰ぎましょう(ヘブ12:2)。

今週も、この主に教えられ、支えられ、豊かな恵みと真実の中を歩みましょう。



教会の各活動


本日は転会式も行われました
CS教師会が行われました。


今週~来週の予定


○婦人祈祷会 火曜日(11月21日)10:30~12:00


聖書:イザヤ書65章16節
題:神による祝福
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:190、427

○聖書研究祈祷会 水曜日(11月22日)19:30~21:00


聖書:箴言28章13~14節
題:罪を言い表す
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:41、262、266

○主日歓迎礼拝 来週日曜日(11月26日)10:30~12:00


招詞:詩篇100篇1~2節
交読文:43 詩篇136篇
聖書:詩篇136篇1節
題:「主に感謝せよ」
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:7、171、427