2015年11月29日日曜日

第1アドベント礼拝「救い主を迎える備え」

礼拝メッセージ「救い主を迎える備え」ルカによる福音書1章5~25節


長谷川和雄師


大切な人が来られるとしたら、どんな準備をしますか。掃除や食事を整えるなど様々な備えをするように、再臨の主をお迎えする準備はどうあるべきかについて、み言葉から学びましょう。

Ⅰ. ザカリヤの祈り…
ザカリヤ(「主は覚えておられる」の意)はアビヤの組(歴代志上24章参照)の祭司で、妻エリサベツは祭司アロンの家系でした。当時の民は信仰心が薄かったのに、ザカリヤ夫妻は共に神を畏れる者でした。しかし、子どもが与えられず、主に祈り続けていました。ある日、神殿に入って香をたく務めが、くじによってザカリヤに当りました(箴言16:33)。祭司にとって一生に一度あるかどうかの務めであり、ザカリヤは緊張して神殿に入り香をたいていると、主の使いが現れ、彼の不安と恐怖は大きくなりました。主の使いは彼に対し、「恐れるな、ザカリヤよ、あなたの祈が聞きいれられた」(13)と伝えたのです。ザカリヤはその願いが何だったのか、すぐに分かりました。私たちは、祈った祈祷課題を忘れるような祈りをしないために祈り続け、約束のみ言葉を信仰を持って受け止めましょう。

Ⅱ. ザカリヤの不信仰…
主の使いはザカリヤに、妻エリサベツに男の子が産まれることを告げ、名をヨハネ(「主は恵み深い」の意)とするように命じました。ヨハネの誕生はザカリヤの喜びと楽しみだけでなく、多くの人もその誕生を喜ぶ者となるのです。ヨハネは、神に献げられた子ども(ナジル人)であり、「大いなる者」(15・マタイ11:11)となり、イスラエルの民を主に立ち返らせ(16)、神の前に立てるように罪の解決に導き、「整えられた民を主に備える」(17)使命が与えられているのです。しかし、ザカリヤは夫婦の祈りがきかれ、み言葉による約束が与えられたにもかかわらず、不信仰になり、しるしを求めたのです(18)。これは、処女懐胎のマリヤとは全く異なります(ルカ1:26-38)。ザカリヤはみ使いの言うとおり、子どもが誕生するまで、口がきけないまま務めの期間を終えて、自宅に帰りました。

Ⅲ. 主に会う備えをしよう…
その後、妻エリサベツはみごもりました。エリサベツの名前が「神は誓い」という意味でもあるように、主は約束された誓いを果たされたことを感謝しました。私たちは祈った課題がすぐにかなえられないと、不信仰におちいりやすい者です。しかし、主はみ言葉に伴うすばらしいことを成してくださる生ける主です。ですから、私たちは主を信じ、み言葉を信じて歩みましょう。ヨハネは主の先に来て、人々に主を畏れる大切さを教え、罪を示し、悔い改めの必要を伝え、神の前に立つ道備えをしました(ヨハネ1章参照)。私たちも人を赦せず、愛することができない罪などをもったままでは、神の前に立てません。また、自分の正しさや、外見を飾る善行や、信仰的な行いでは、神の前に立てません。それらは神が与えてくださった恵みのゆえに出来たのです。しかし、主が全ての人の罪を背負い十字架で死なれ、復活し永遠の命の保障となられた主を信じるだけで、神は罪を赦し、罪をきよめてくださり(1ヨハネ1:9)、永遠の命を与えてくださる主の恵みを覚えるときに、魂が砕かれ(詩篇51:17)、神の前に立つことができる者にしてくださるのです。ヨハネは神の栄光のために主を証しました(ヨハネ1:29)。私たちも神に整えられ、神に喜ばれる者とされ、人々に主の十字架の福音を証ししましょう。罪の解決を神の前にさせていただき、神に会う備えをするアドベントとさせていただきましょう。




教会の各活動


午後は、教会役員会(12月分)が行われました。


今週~来週の予定


○婦人祈祷会 火曜日(12月1日)10:30~12:00


聖書:詩篇119篇149節
題:あなたが決めておられるように
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:423、384



○聖書研究祈祷会 水曜日(12月2日)19:30~21:00


聖書:使徒行伝3章1-10節
題:美しの門での癒し
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:224、42、183



○第2アドベント礼拝 来週日曜日(6日)10:30~12:00


招詞:詩篇29篇1-2節
交読文:51  マタイ5章
聖書:ルカによる福音書1章26-38節
題:貧しい心に主を迎えよう
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:67、88、342