2015年10月25日日曜日

主日礼拝「キリストは道、真理、命」

礼拝メッセージ「キリストは道、真理、命」ルカによる福音書1章39~45節


小岩裕一師


神奈川県警察のポスターに「息子はサギ!」と書かれています。息子と勘違いして、サギにだまされないためです。宗教も本物と偽物を見分けることが大切です。自分がどこへ行くのか、わからない時に、不安になり、自分を見失い、偽物にだまされてしまいます。

この箇所では、ペテロが、命がけで主について行く覚悟ですと言っていますが、主イエスは、「今」は、できないと言われました(13:37-38)。主イエスが〈どこかに行ってしまう〉ことは、「心を騒がせ」(1)ることです。主イエスを見失ってしまいそうになる時、主イエスのお言葉をしっかりと聞く必要があります。

Ⅰ.「神を信じ、またわたしを信じなさい」(1)

  1. 主イエスは、「神を信じ」、「わたしを信じなさい」と命じられました(1)。主イエスを信じる根拠は「わたしの父の家には、すまいがたくさんある」こと、「あなたがたのために、場所を用意しに行く」ことです。人生の最後に行くべき場所は、父なる神と主イエス・キリストのいらっしゃる永遠の御国です。「あなたがたをわたしのところに迎え」ること、「わたしのおるところにあなたがたもおらせる」こととは、主イエス・キリストの再臨を信じて待ち望むことです(3)。
  2. しかし、トマスも(4)。ピリポも(8-9)、主イエスが「どこへ行くのか」(4)が理解できなかったのです。父なる神への道は、イエス・キリストを通してであることを信じられなかったからです。しかし、彼らも主イエスの十字架と復活の後に、信じることができたのです(3)。わたしたちは幸いなことに、福音書によって、主イエスの十字架と復活の事実を知り、信じることができるのです。

Ⅱ.「わたしは道であり、真理であり、命である」(6)。

  1. 「道」。父なる神への道です。道を教えるのではなく、主イエスご自身が道そのものであると言われるのです。だから、私たちは、主イエスご自身と一体となって、父なる神に至るのです。主イエスの血潮を信じて、大胆に神に近づくことができるのです(ヘブル10:19-25)。最後の安住の場所があるのです。そして、今、同伴者なる主イエスと共に人生を歩むことができるのです。 「神は唯一であり、神と人との間の中保者もただひとりであって、それは人なるキリスト・イエスである」(1テモテ2:5)。
  2. 「真理」。信頼できる、うそではない、本当という意味です。真理を教えるのではなく、主イエスご自身が、真理そのものです。主イエスの言葉と行為によって判断できるのです(10-11)。そして、その道を安心して歩むのです。主イエスの救いによって与えられる真理の御霊は、「罪と義とさばき」を示されます(ヨハネ14:7)。
  3. 「命」。人は、「道」がわかっても、力がなければ、歩むことはできません。また、罪と死に勝つ力はありません。だから、主イエスご自身が「命」となって、神による復活の力を与えてくださるのです(Ⅱコリント1:8-10)。

キリスト以外には、救いはないのです。他に付け加えてはならないのです。ただ、道、真理、命である主イエス・キリストだけを信じましょう。

教会の各活動


異端カルト対策講演会にて
午後は、異端カルト対策講演会(小岩裕一師)が行われました。


今週~来週の予定


○婦人祈祷会 火曜日(10月27日)10:30~12:00

聖書:ルカによる福音書24章49節
題:父の約束
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:356、416



○聖書研究祈祷会 木曜日(10月29日)19:30~21:00


聖書:使徒行伝 1章1-13節
題:聖霊の降臨
説教者:長谷川和雄師
新聖歌: 42、135、414



○主日礼拝 来週日曜日(11月1日)10:30~12:00


招詞:ヨハネによる福音書15章9-11節
交読文:10  詩篇31篇
聖書:Ⅰヨハネ書3章10-18節
題:行いと真実をもって愛し合おう
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:22、367、364