2015年4月26日日曜日

主日礼拝「最もすぐれた愛の道」

礼拝メッセージ「最もすぐれた愛の道」コリント人への第一の手紙13章4~7節


長谷川和雄師

Ⅰコリント12章には霊の賜物や使命が記されていますが、それらよりも更に大いなる賜物とは愛です。その賜物である愛が必要ですから、愛を熱心に追い求めなさいと記します(12:31、14:1)。

Ⅰ. 言葉よりも愛(1)…
1) 異言を語れても(14:18)語れない人を見下したり、恍惚状態になって集会などで周囲に迷惑をかけてはいけません。異言のみが聖化のしるしではありません。
2) どんなに説得力があり雄弁でも、愛がにじみ出てこない言葉はうるさいものです。愛に満ちた人格の持ち主が語る言葉には、その人の存在を通して神の愛がにじみでてきます。
3) 神の愛に満たされていない賛美も、やかましい異教の楽器(ドラ、シンバル)と同じで、心が伴わず意味の伝わらない賛美は、神への賛美に相応しくありません。上手であることに越したことはありませんが、神の愛に満たされ、心から感謝と愛をこめて賛美をささげるとき、人々の心に届きます。

Ⅱ. 能力・奥義・知識・信仰よりも愛(2)…
1) 預言をする力。私たちは神の恵みによりみこころ・真理・未来を知り人々に伝える賜物を持ち、人々から尊敬され敬意を受けることは幸いです。しかし、信仰の奥義を心得、人々に信仰を伝えても愛がなければ空しいものです。また、主の名で預言し、悪霊を追い出し、奇跡を起こしても、主に知らないと言われることがあります(マタイ7:22-23)。
2) あらゆる奥義とあらゆる知識。神と親しく交わり、主の十字架の意味や信仰の奥義(知識・福音)を深く知り、礼拝厳守や多くの献げものをし、神の恵みを豊に受け天的知識と地上的知識に満ちていても、愛がなければ私は無に等しいのです(Iコリント8:1)。
3) 福音とは。①人類は神の怒りを受ける罪人です。②神は罪人を愛し、自分の刑罰の身代わりの、主の十字架の死を信じた者の罪を赦し義とし、神の怒りから救います。③救いは神の恵みです。行いでなく信仰によるのです。④主を信じる者は新創造され、永遠の命を得、神と和解し、神の子とされ、神の国を受け継ぐ特権を得、再臨時に栄光のからだに復活し、天に引き上げられ、主と共にいますということです。
4) 福音派とは。①回心主義。②聖霊による言動。③聖書信仰。④十字架中心。⑤キリスト者共同体の重要性。
5) 山を移すほどの強い信仰(マルコ11:23)。この信仰は救いへの信仰でなく、どんな困難に襲われても神の愛に全く信頼し、神が最善をなされるとの信仰です。をもっていても、愛がなければ無に等しいのです。神は私たちの徳を高めるために賜物を与えてくださいますが、賜物を誇り御霊の実である愛がないなら、それは空しいものになってしまいます。自分に愛が無いことを認め、主の十字架を仰ぐとき、主は私たちに聖霊を注ぎ愛を与えてくださいます。

Ⅲ. 偽善・犠牲よりも愛(3)…
1) 愛の行為が偽善になることがあります。どんな犠牲を払っても、愛の無い施しは報いをすでに受けていますが、施しのない愛はありません。真の同情からでなく、自分の誇りを求める施しは無駄で、害を招きます(使徒5:1-11)。
2) 多大の犠牲を払ったとしても愛がなければ何の役にも立ちません。私たちの言葉、思い、行動に愛があるだろうか。自分は愛があると思っているうちは、人々に愛を伝えられません。愛のなさを感じている人ほど、主の愛に満たされるのです。愛の欠けた者であることを深く知り、何よりも愛を求め(14:1)主の前に遜り、主の愛に満たされ、神の栄光を現す者とならせていただきましょう。


教会の各活動


4/29 教区信徒大会の様子
午後は、教区信徒大会の喫茶コーナーの準備とリハーサルが行われました。


今週~来週の予定


○婦人祈祷会 火曜日(4月28日)10:30~12:00


聖書:Ⅱテモテ書4章1節
題:神のみ前で
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:242、199



○聖書研究祈祷会 水曜日(4月29日)19:30~21:00


※教区信徒大会のため休会します



○主日礼拝 来週日曜日(5月3日)10:30~12:00


招詞:ヨハネによる福音書15章9-11節
交読文:57  Ⅰコリント書13章
聖書:Ⅰコリント書13章4-7節
題:愛は寛容であり情け深い
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:22、99、211