2013年8月25日日曜日

主日礼拝「教会の頭なるキリスト」

礼拝メッセージ 「教会の頭なるキリスト」 コロサイ人への手紙1章18~20節

長谷川和雄師





人は、ひとりで神の役に立つことはできない。神の働きのために仲間を作るべきですと、J.ウェスレーは述べました。それは、主が、すべての人に福音を伝え、キリストの弟子としなさいと言われたからです(マルコ16:15マタイ28:19)

Ⅰ.主は教会の頭(18-19)・・・1)教会とは。教会とは建物をさすのではなく、キリストの尊い血により滅びから贖い出された神の民のことです(使徒20:28)。そして、神の定められた時と場所に、神の民が神によって召し集められ、主にあって一つとされている集まりのことです(マタイ18:20)。そこには、神の臨在が満ちています。2)からだなる教会。からだには、それぞれの機能がありますが、一つにまとめられ活動し、保たれています。教会も様々な人々が集まり、色々な働きをしていますが、主によって一つとされ互いに助け合い、成長してゆくのです(エペソ4:14-15、Iコリント1:10)3)頭なる主。教会は烏合の衆ではなく、主にあって一つとされた規律と、統一のある集まりです。教会が主によって一つとされていれば、間違った教えに振り回されず、互いの賜物が生かされ、成長します。しかし、教会の頭なる主を忘れ、各々が先頭に立って仕切り、み言葉を凶器として互いに裁き合うならば、教会の秩序は乱れ、一つとなれず、成長できません。私たちはキリストを頭とした、互いに助け合う教会とならせて頂きましょう。4)主は全ての長主が最初に復活された方なので、救い主を信じる者も死から復活できるのです(Iコリント15:20)性格、性質、力、能力、永遠性などに於いて、主は全ての徳が宿る方であり、全てのことに於いて第一の方です。神であられたのに人として世に来られ、人のために命を捨てられた主は、愛、赦し、きよさなど、全てにおいて優っておられます。

Ⅱ.一つとされる(20)・・・1)砕かれた魂によって。愛と一致、赦しと恵みがあふれた教会となるために、ペテロやパウロが砕かれて始めて用いられたように、私たちも主の心を心とし、主にあって砕かれ、一つとされましょう。2)砕かれるべきもの。自我。頑固な心。自らを正しいとする心と態度。高慢。プライド。自分の能力や才能や経験を信じ、神に頼らない心。神に反抗し、抵抗する心。神に喜ばれない感情。世的価値観。権利や自己を主張する心。不信仰になり消極的になる心。表面的謙遜、人の前に生きる心。神の前に、建前と本音を分ける偽善など。これらを神によって砕いて頂きましょう。3)神が砕かれる方法。①み言葉。聖霊の力。祈りの中で。置かれた環境の中で。異なる意見をもった人によって。失敗によって。4)砕かれた人。①謙遜です。人を認め褒めます。近付きやすく、上から目線で見ません。教えられやすく、素直な心があります。み言葉に対し、従順に聴き従う姿勢があります。皆の意見を聞き、和を保とうとします。柔和です。おだやかな優しさがにじみ出ています。人を立て、配慮が出来ます。
私たちはみ言葉の光に照らされ、自分が神の前に何者であるかを認め、日々、主にあって内にあるものを砕いて頂きましょう。罪人である私たちが一つとなることなど到底できない者でした。しかし、神は私たちに、キリストの十字架の恵みによる和解の道を備えて下さり、一つとなる道も与えて下さいました。ですから、私たちは、ひとりひとりが神と和解し、み言葉を謙遜な心で聴いて主と一つとされ、さらには、互いが主にあって、主のために一つとされ、互いに協力し合い、互いに仕え、神の栄光を表わす教会とならせて頂きましょう。

8/25 CS特別賛美の様子
教会の各活動


午後は、CS教師会が行われました。

今週~来週の予定


■婦人祈祷会 火曜日(27日)10:30~


※8月末まで夏季休会です

■聖書研究祈祷会 水曜日(28日)19:30~


聖書:マルコの福音書2章18~22節
題:新しい命には新しい歩みを
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:2、201、424

■主日礼拝 来週日曜日(9月1日)10:30~


招詞:ヘブル書4章14-16節
交読文:50 イザヤ書53章
聖書:コロサイ書1章20~23節
題:神との和解
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:7、343、102