2013年8月11日日曜日

主日礼拝「聖徒のための祈り」

礼拝メッセージ 「聖徒のための祈り」 コロサイ人への手紙1章9~12節

長谷川和雄師




「祈りへの態度や内容は、その人の神への敬虔と、他人への愛の鋭き試金石です」と、ある方が言われました。私たちは自分のために祈りますが、人々への祝福はどれだけ祈っているでしょう。パウロの祈りを学び、倣いましょう。

Ⅰ.神を深く知る歩み(9)・・・1)感謝。パウロは、エパフラスの牧会するコロサイ教会が、信仰と愛と希望を持ち続け、受けるに値しない者に与えられる恵み(憐れみ,慈しみ,祝福)として福音(十字架,復活,昇天)を受け入れ、喜んで生きている様子を聞き、心から喜び感謝しました。愛の炎、そして、謙遜と従順が聖徒の内に力強く燃え上がり、神の豊かな祝福で満たされることを、パウロは熱く祈りました。2)霊的祝福。異教的知恵や儀式(コロサイ2:16)幻想(同2:18)律法的な肉的知恵ではなく(同2:21)、パウロは霊的な知恵と理解力によって、神のみこころを知ることを求めました。それは、キリストにより罪を赦され、世から聖別され、永遠のいのちに至る神の子とされたことを恵みとして受け入れること、どんな状況下でも主を見上げ、自分の思いを神にお任せし、祈りぬくことです。その時、主はみ言葉により、みこころを示して下さいます。3)みこころを知る条件。①自分の考えや、この世の価値観に任せない。②みこころは、常にみ言葉と一致します。③摂理による環境は、みこころを示します。④神は祈りに応えて下さいます。⑤みこころが示されたら、誠意を尽くして従う。そうするなら、継続的にみこころが示され、神の平安が与えられます。

Ⅱ.主に喜ばれる歩み(10a)・・・1)みこころにかなった歩み。主は命を捨てるほどに私たちを愛し、天にて今も執り成し、約束を実行して下さいます。私たちはその愛に応え、みこころを行い、神に喜ばれる道を歩みましょう(マタイ7:21)①みこころを求めましょう。②主に従って生きる者には後悔がなく、それは習慣となり、従うことが喜びとなります。③みこころに従う生活は主の祝福であることを知ります。④主が私たちの内に練られた品性を形成して下さいます。2)信仰生活の目標。私たちが主のみこころにかなう生活をすることを、神は求めておられます。しかし、世には、自分を楽しませ、喜ばせる人で溢れ、人から良く思われ、信頼され、相談を受けて満足し、人気を博するために良く見せようとして、自分を飾ります。しかし、主はご自分を喜ばせることをなさいませんでした(ローマ15:1-3)。神の子とされた私たちは、主のように、神が喜ばれることを喜びとしましょう(コロサイ3:23)3)神のみこころに生きる。神のみこころに逆らうことは、神への忘恩の罪です。神のみこころに生きることは、人との和解の道でもあり(箴言16:7)、天の働きです(詩篇103:20)
Ⅲ.喜びと感謝の歩み(10b-12)・・・1)良い業を行って実を結ぶ。パウロは、神の作品である者たちが、あらゆる良い業を行って実を結び、主に感謝するようにと祈っています。2)神を知る知識を増し加える。逆境の中でも、私たちが神に真実な祈りをし(詩篇109:4,28)、み言葉を通して神を深く知って従う時、砕かれ、神との関係も深まります。3)何事も喜んで耐えかつ忍ぶ。私たちは神の栄光の力によって強くされ、主が苦難を乗り越えさせて下さいます。そして、神に感謝をささげ、主に喜ばれる道を選んで歩む者へと変えて下さるのです。主が天にて、私たちのために祈っておられることを覚えつつ、主に喜ばれる人生を歩ませて頂きましょう。

8/11 会衆賛美の様子
教会の各活動


午後~翌日まで、CSサマーキャンプが関西セミナーハウスで行われました。

今週~来週の予定


■婦人祈祷会 火曜日(13日)10:30~


※8月末まで夏季休会です

■聖書研究祈祷会 水曜日(14日)19:30~


※14日は休会です

■主日礼拝 来週日曜日(18日)10:30~


招詞:ピリピ2章10-11節
交読文:11 詩篇32章
聖書:コロサイ書1章13~17節
題:キリストのみ業
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:19、230、264