2013年6月16日日曜日

父の日礼拝「父なる神の愛」

礼拝メッセージ 「父なる神の愛」 ルカによる福音書15章11~32節

長谷川和雄師



愛は、知識として学んでも悟ることはできません。愛し、愛されて初めて分かります。今日の譬えには、愛を体験的に知った弟と、父の愛の中に生活しながら、愛を体験的に知ろうとしない兄がでてきます。
Ⅰ.放蕩の弟息子・・・1)権利の主張。弟には人生の目的が分かりませんでした。独立し、広く人生経験をするために自由に生きたいと考えましたが、先立つお金がありませんでした。そこで、財産分与を願い出ました。父が生きていたので、弟には三分の一を換金して与えられたと考えられます。2)放蕩の生活。弟は遠い国にたどり着き、人目が気にならないことをよいことに、一度に入った大金を使い果たし、食べるにも困り果ててしまいました。金や地位が無くなると人は近寄らなくなりました。3)本心に立ちかえった。今までは正気の沙汰でなかったと気付いたのです。正気でない生活とはどんなことでしょうか。親のもとを離れ、干渉を避けること。放蕩(酒の暴飲、異性遊び、金の浪費)。与えられた富は神からの預かりものです。富には責任が伴い(ルカ12:13-21)、会計報告が必要です(同16:2)異国での生活。そこには人の繋がりがなく、孤独であり、親しい友はいても、まことの友はいません。その結果、人間関係に破綻し、人生の敗北者と見え、人から嫌われる取税人や罪人のようです。汚れた動物の世話をする奴隷と同じ生活。人間は、心の汚れを隠す罪の奴隷となっています。これは、罪人の姿であり、真の神のもとを離れた結果です。本心に立ちかえるとは、罪を犯している生活に気付くことです。
Ⅱ、父のもとに帰った弟・・・1)回顧と現状分析。父のもとでの生活を振り返り、悔い改めました。そして、今の生活がどうであるか冷静に分析しました(17)2)罪の告白。弟は、罪の告白をすることを決意し、行動に移しました(18)3)父の愛を体験する弟(20)。「まだ遠く離れていたのに父は彼をみとめ」。父は、弟息子のことを、どんなに心配していたことでしょう息子が罪の告白を全てする前でしたが、みすぼらしい弟息子の姿を見て「哀れに思って」、同情し、思いやり、憐れみ、「走り寄り、その首をだいて接吻しました。息子を赦し、受け入れ、良い着物を着せて親子関係を回復し、指輪をはめて子としての権威を回復し、靴を履かせて自由の身を回復させました。そして、肥えた子牛で祝宴を開催しました。それは、いなくなり、なくなったものが見つかった喜びのゆえです。パリサイ人と律法学者は、そんなに心の広い人はいないと考えたでしょう。 
.兄の不満・・・1)兄息子の怒り。兄は父親に奴隷のようになって仕えてきたことを主張し、自分を正当化し、独善的で、他人を見下げていました(29-30)。それは、会衆の中のパリサイ人と律法学者と同じでした。彼らは、不平、不満、偽善、嫉妬心で満ち、汚れた生活への憧れを持っており、喜ぶ者と共に喜べず、弟を良く思えませんでした。2)兄への父の愛。弟の時と同じく父の方から兄に近付き、強引に家の中に引きずり込まずに、優しくなだめました。兄に対し、いつも父が共にいること、父のものはみな兄のものであり、自分でしたいようにできる、と話しました。パリサイ人と律法学者は、罪人や収税人と比べて自分の正しさに立ち、罪を罪と思わず、神の愛の中にいることが分かりませんでした。神は私たちを探しておられます(創世記3:9)。主の手に委ねて歩めることは幸いです。自分の罪、弱さ、足らなさを認め、十字架を仰ぎ、今、私たちは神の愛の中に戻りましょう。



教会の各活動


礼拝の中で、教会学校による父の日の「感謝の時」が持たれ、God Bless Youの賛美やスキットなどが披露されました。

午後からは壮年・婦人・青年合同の会堂大掃除が行われました。

今回はおもに、倉庫整理、窓・スリッパ拭き、トイレ掃除を行いました。

多くの方と共に主の宮を調えることが出来、感謝でした。


今週~来週の予定


■婦人祈祷会 火曜日(12日)10:30~


※教区牧師夫人修養会のため、休会します

■聖書研究祈祷会 水曜日(19日)19:30~


聖書:詩篇9篇
題:国々をさばかれる主 説教者:長谷川和雄師
新聖歌:21、247、282

■主日礼拝 来週日曜日(23日)10:30~


招詞:申命記6章4~5節
交読文:4 詩篇18篇
聖書:創世記18章1~15節
題:主をもてなすアブラハム
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:21,276,385