2013年5月26日日曜日

主日礼拝「み言葉に立つ信仰」

礼拝メッセージ 「み言葉に立つ信仰」 創世記15章1~21節

長谷川和雄師





捕らわれの身となったロトを、アブラムが救出し、完全な勝利を得た(14章)、その後の様子を学びます。
Ⅰ、み言葉による保証(1-6)・・・.恐れるな。アブラムは大勝利を得ましたが、復讐への恐れと不安に襲われ、肉体的、霊的疲労で落ち込みました。また、資産が増えても子どもが与えられないという焦燥感もありました。恐れは不信仰から生じます。神はそんなアブラムに近付き、「恐れるな」と語られました。どんな状況下にあっても、人間の知恵と力が盾なのではなく、神が大盾となって保護して下さるとは、何と幸いなことでしょう。また、すべてを支配しておられる神ご自身が報いであり、それは得られないものがない非常に大きいものだと励ましました。この約束は私たちにも与えられています。.神の約束。アブラムは神の約束の言葉を聞き、内にある真実な思いを語りました。神から報いを頂いても、相続する子どもがいない空しさを打ち明けました。神は全てをご存知であり、憐れみに富む方だからこそ、私たちもありのままを神に話せるのです。アブラムは約束のみ言葉が与えられても(13:16)、いつまでも実行されないので、じれったくなり、待ちきれずにいました。私たちも主の約束を待つ時に、信仰が試されます。自分の思いや動機は正しかったか。与えられたみ言葉だと思っていたが、自分の欲望から選んではいなかったか。神は祈りの中で私たちを探り、試し、練り続けられます。.み言葉による励まし。アブラムは天幕に閉じこもり、自分と妻の老いた姿、子どものいない現状を見て、不信仰から抜け出れずにいました。神はそんな彼を外に連れ出し、「天を仰い」で、全能なる創造者なる神を思い起こさせました。また、「星を数えることができるなら」と、人の弱さ、無力さを覚えさせ、広くて深い神の愛を知らせました。.信仰による義。信仰は単なる感情や知識的な理解ではなく、神とみ言葉に対する全人格的、全存在的な応答です。自分に絶望し、神に全く信頼することです。アブラムへの神の約束は不可能と思えましたが、神は約束を信じたアブラムの信仰を義と認め、全き者、罪なき者と認めて下さいました(ローマ4:5)。自分は不敬虔で不信仰であると認め、神に目を注ぎ、神の憐れみにすがるとき、神は義と認めて下さるのです。
Ⅱ、契約による保証(7-21)・・・.約束を待ち望む。神の時は人にとって長く感じることがあります。そこで、アブラムは神にしるしを求めました8神は、彼の弱さを知っておられたので、契約の儀式の用意をするように命じました。当時の契約は、定められた動物を切り裂き、その間を往来しました。しかし、契約はすぐ行われず、アブラムは寝ずの番をしました。長い待ち望みの時があり、暗闇が覆い、不安と恐怖が増し、絶望感がよぎったことでしょう。与えられた主の預言は、アブラムの子孫が寄留者となり、奴隷とされ、400年の間苦しめられ、4代目になってやっと、この地に戻ってくるという悲しいものでした。暗闇が襲った時、アブラムは自らを深く探り罪を思い出し、主の前に砕かれ、悔い改め、神の愛を確認し、すべてを主に委ねることしかできなかったのではないでしょうか。.契約を批准される神。その時、神がその犠牲の間を通り、神の一方的な恵みによって契約を履行されました。主と私たちとの契約も同様です。イエス様の御体が十字架上で裂かれたことにより成就され、私たちの救いの保証は、神ご自身の犠牲によって確実とされました。私たちが不真実、不信仰であっても、主は真実なお方です。主から信仰と約束のみ言葉をいただいて歩む生涯を送らせていただきましょう。

教会の各活動


午後は京滋地区婦人部例会が当教会で行われ、総勢 48名の方が参加されました。


今週~来週の予定


■婦人祈祷会 火曜日(28日)10:30~


聖書:イザヤ書65章16節 
題:祝福は神から
説教者:長谷川ひさい師 
新聖歌:182、384


■聖書研究祈祷会 水曜日(29日)19:30~


聖書:詩篇7篇
題:訴えられた者の祈り
説教者:長谷川和雄師
新聖歌:4、35、450

■主日礼拝 来週日曜日(6月2日)10:30~


招詞:詩篇27篇8節
交読文:14 詩篇37篇
説教者:長谷川和雄師
聖書:創世記16章15節~17章27節
題:我が前を歩む全き者であれ
新聖歌:21、355、385

2013年5月19日日曜日

ペンテコステ礼拝「もっと大きいわざ」

ペンテコステ礼拝メッセージ 「み言葉に立つ信仰」 創世記15章1~21節

長谷川和雄師





ペンテコステは、イエス様が天に帰られたことにより弱くなった弟子たちに聖霊が注がれ、教会が誕生した日です。クリスチャンは、神の栄光を表わす者として世から聖別され、神の約束を与えられた者です。
. クリスチャンの大いなる業・・・
.大いなる業。主が生前に行われた奇跡よりも大いなる業を行うというのではありませんが、使徒行伝には、主の弟子の大いなる業を見ます。①病人の癒し(5:16。9:34)。②足の不自由な人の癒し(3:6。14:10)。③悪霊を追い出す(5:16。19:11-12)。④死人を生き返らせる(9:40。20:10)等。しかし、4日も死んでいたラザロを生き返らせた様な業はしていません。.もっと大きい。大きいとは、「偉大な、広大な、強力な、大切な」との意味があり、主はここで、「より広大な」の意味で用いられました。弟子たちの業は、聖霊が注がれたゆえの大いなる業でした。.私たちを通して働かれる主。主は無力な私たちの奉仕を通しても、主がなされたみ業より大いなる業をなして下さいます。そのために、主は天にて執り成し、世界宣教のみ業を進めて下さり、御国建設をなして下さいます。
.大いなる業を行える条件・・・  .主を信じる(ヨハネ:28-2914:10)。主が約束のみ言葉を語って下さりそれを成就されたこと(甦りペンテコステ等)。また嵐を静めたり5千人の給食という業などをなされたこと。神との交わりが回復する道を開き、昇天して執り成し、昇天と同じ様子で再臨されることなどを信じるのです(1).祈る(13-14)願うならとの条件は単純ですが神の前に祈る者への大切な約束慰め励ましです。自力で解決しようとしたり、この世的なものを求めていると、神を求めなくなります。しかし、祈りが天に届くと、決して主を拒むことができませ
ん。主の名による身勝手な祈りでも、主は受け止めて下さいます。それは、主が神の右に座して執り成し、神が最善なものを与えて下さるからです。与えられる祝福は魂に有益であり、御霊の実を結ばせます。魂の養いに有益なものを願うなら、何でも与えられます。与えられないのは、主を信じて祈っていなかったり、自己中心的で性急な願いであるからではないでしょうか。もし、健康、名誉、富、成功、繁栄などが与えられたなら、神の栄光のために用いましょう。.主を愛しみ言葉に従う(5)主の十字架は神の愛のみ業であり、主の恵みです。それらを受けた者は主を愛し、主のみ言葉に生きたいと願うでしょう。そうでないとしたら、それは自分の罪や主の十字架の愛、主の臨在が分からないからです(マタイ28:20)。しかし、聖霊はそれらを悟らせて下さいます。
.与えられた聖霊の約束(16-17)・・・神はもうひとりの助け主(パラクレイトス)を与えて下さいました。パラクレイトスとは悲しんでいる人を傍らに呼び寄せて声をかけ慰め元気づける援助者弁護者カウンセラーである聖霊です私たちを友と呼び、常に共に居り、悩める者を憐れみ、不信仰な者に信仰を、確信のない者にみ言葉を通して確信を与えて下さるお方です(ヨハネ1512-17)。また、罪や弱いところを示し、気づかせ(ヨハネ14:2616:8)神の愛信仰喜び、希望、平安で満たして下さいます。しかし、世を求める人は聖霊を受け入れず、知ろうともしません(Iコリント2:14-16ユダ7-18)。聖書知識が豊富でも確信がなく、神の業を行えずこの世の栄光や誉富などを求め自分で選んだ聖句にすがり聖霊の導きに従いません(:6-9)真理の御霊真理に導き、決断時にはみ言葉で確信を与え道を開いて下さいますヨハネ16:13。私たちは、主にあって聖霊に満たされ主にあって新創造され世の光地の塩として歩み、主の臨在を持ち運び、大いなる業を行う者とさせていただきましょう。

教会の各活動


礼拝にて、婦人会が特別賛美を行いました。


午後はCS初夏のレクリエーションとして、ドキュメンタリー鑑賞とクレープ作りが行われました。


今週~来週の予定


■婦人祈祷会 火曜日(21日)10:30~


聖書:ヨブ記16章18~22節
題:わたしの証人
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:253、434

■聖書研究祈祷会 水曜日(22日)19:30~


聖書:詩篇39篇12~13節
題:旅人
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:248,191、355

■主日礼拝 来週日曜日(26日)10:30~


招詞:ヘブル4章14~16節
交読文:37 詩篇119篇
聖書:創世記15章1~21
説教者:長谷川和雄師
題:み言葉に立つ信仰
新聖歌:7、361、282

2013年5月12日日曜日

会衆賛美「神の国と神の義」「キリストには代えられません」

京都信愛教会の賛美デュオ Blessの二人による会衆賛美リード。

    • 「神の国と神の義」作詞・作曲:Karen Lafferty (新聖歌291番)
      「キリストには代えられません」作詞:Rhea F. Miller, 作曲:Beverly Shea (新聖歌428番)





    京都信愛教会では、毎週第2日曜日の礼拝で Blessが会衆賛美のリードをしています。

    また、毎月第3日曜日の礼拝では青年会や婦人会なども含め月替わりで特別賛美が行われます。

    どなたでも、どうぞ礼拝にお越しください。

    母の日礼拝「尊敬される母に」

    母の日礼拝メッセージ 「尊敬される母に」 箴言23章22~26節

    長谷川和雄師





    母の日はアメリカの教会で誕生しました。母の日の意味を知り母に感謝し、母の愛と共に神の愛を覚えましょう。
    母の日は、米国のメソジスト教会で始まりました。1905年5月第2日曜に、アンナさんが、母の記念会で母に感謝し母の好きなカーネーションを飾り、記念会後、出席者にこの花を贈りました。この心優しいお母さんへの思いが、大きな感動を与え、教会でこの日を母の日と決め、デパート王のワナメーカーがアメリカに広め、1914年にウィルソン大統領が5月第2日曜を国の祝日「母の日」に決めました。日本は、クリスチャンで森永製菓の創始者森永太一郎が、この催しを普及させ、今日に至りました。
    河野進の詩『ほころび』より。「いたずらをして破った着物に針を動かしている母の手を、なにげなく眺めていたが、心のほころびもつくろってくれる母であったと、亡くなって知った」。自らの犠牲を払い子どもを養う母を思う詩です
    Ⅰ.母の感化…すべての偉人の影には母の涙があります。幼いころに受けた母の感化は死に至るまで続きます。
    アメリカの16代大統領リンカーンは、「私が今あるのは、母の聖書のおかげです」と言い、母の教えを守りました。
    ジョン・ウェスレーチャールズ・ウェスレー母スザンナは、19人の子どもを育て、子どもたちに毎日の厳格な時間割による日課(祈り、聖書、勉強、家事の手伝い)と当番制を課し厳守させました。忍耐をもって根気強く教えました。夫が、「よくも根気強く生き様をもって教え、限りない愛情を注いで育て、偉大な宗教家を生み出しました。
    エジソンは、「母は学校から落第を命じられた私を、愛と忍耐とをもって教育してくれたので、今は人類の幸福のために、少しでも奉仕ができるよう」と言い、母を喜ばせる歩みをした(25)
    山室軍平は、岡山県の貧しい農家に8人兄弟の末っ子で体が弱く、父から弱い子はいらないと思われました。しかし、母は弱い軍平をなおいっそう愛し、卵断ちを70歳で死ぬまで30年間守りました。軍平が16歳のとき平民伝道に献身し、苦学して同志社を卒業してよき働きができたことは、母の誇りでした。
    神の愛に満たされた母親は、その子が善くても悪くても、母の愛は増しても減りません。この母の愛に心から神に感謝し、母の生きている間に、母の愛に報いる歩みを致しましょう。
    Ⅱ.尊敬される母に…子どもは神からの与り者と受け入れるとき、豊かな愛を子どもに注ぐことができます。本当の親子の愛は、人格と人格の触れ合いを通して伝えられるものです。
    CS教師が、イエス様の名前を伏し、素晴らしいこと、愛に満ち、忍耐深く、よく仕え、誰をも大事にし、親切なこと等…その後で「この方は誰かな」と質問すると、一人の子どもが、「それは、私のお母さんです」と答えました。教師の目に涙が・・・、この子のお母さんはイエス様を見せている方だと…。私たちは誰を見せているでしょうか。
    では、尊敬される母になるにはどうしたらよいのでしょうか?心が神と一つになることです。それは、十字架により、神との平和を得た心。神に委ね、明け渡した心。神に素直に従える心です。その心は、罪を示されたら素直に認め、罪を告白し悔い改め、十字架を仰ぐ、砕かれた心です。私たちも主にあって砕かれた心とならせていただき、生活をもってイエス様を現していく者とされ、子どもたちに尊敬される者とならせていただきましょう。

    教会の各活動


    礼拝にて、教会学校より母の日の「感謝の時」が持たれ、手作りの栞のプレゼントなどがありました。

    午後は教会決算総会が行われ、各議題の承認と教会ビジョンの話し合いの時が持たれました。


    今週~来週の予定


    ■婦人祈祷会 火曜日(14日)10:30~


    聖書:詩篇31篇6~8節
    題:苦しみの中の喜び
    説教者:長谷川ひさい師
    新聖歌:248、385

    ■聖書研究祈祷会 水曜日(15日)19:30~


    聖書:詩篇6篇
    題:悩みの日の祈り
    説教者:長谷川和雄師
    新聖歌:18,183、195

    ■ペンテコステ礼拝 来週日曜日(19日)10:30~


    招詞:ピリピ2:10~11
    交読文:22 詩篇65
    聖書:ヨハネの福音書14:12~17
    説教者:長谷川和雄師
    題:もっと大きいわざ
    新聖歌:18、391、414