2013年4月28日日曜日

主日礼拝「二つの道の選択」

礼拝メッセージ 「二つの道の選択」 創世記14章1~24節

長谷川和雄師



信仰の父と言われたアブラムは、神に祝福された道を選ぶために、さまざまな訓練を受け、神の最高傑作と言われます。彼は、神の示された道を選び、歩み始めましたが、その途中、自分の思い願う道を歩み、誘惑に負け、嘘をつきました。しかし忍耐の神はアブラムを見捨てず神の祝福の道へと戻して下さいました。神の憐れみはなんと深いことでしょう(詩篇10310-11)。欲望を満たすために、偽りや不正や悪を行うことによって得た富や地位は、自分や家族、周りの人々をもトラブルに巻き込みやすいものです。目に見えるかたちで祝福を得た時は、「より豊かに、より高く」などの誘惑には気をつけましょう。
Ⅰ、ロトの選択の基準・・・アブラムの弟ハランの息子ロトは、父の財産を受け継ぎ、それを守ろうと尽力しました。ロトがアブラムに同行したのは、神を畏れ約束のみ言葉をいただいたからでなく、ただ同行しただけでした。利益を得そうな人と親しくするのは世の常で、ロトもそうでした。彼の心には、神を愛する心でなく、世の利益、物質や地位、世的成功でした(Ⅰヨハネ2:15-17)。ロトは、神の祭壇を捨て、人情を捨て、アブラムと別れて、自分の目に得と思われる道を選び取りました。
Ⅱ、ロトとの別れ・・・アブラムは妻よりも富を愛して失敗しましたが、試みを受けて悔い改め、主のもとに帰り、妻を愛するように変えられました。アブラムは天の都を目指して生きましたが(ヘブル11:8-16)、ロトは世に魅力を感じ、地上に目を注ぎました。しかし、ロトはそれなりの成功を得ましたが、世に感化を与える力は消ました。神を愛する者と、世を愛する者には、争いが生じます。豊かになったなら、譲り合えばよかったのですが、アブラムの牧者とロトの牧者の間に争いが生じ、彼らは別々の道を歩まざるを得なくなりました。アブラムは、自分が先に道を選んで、ロトに不利益な道を押し付けたのでなく、最善をなしたもう神に信頼し、ロトに選択権を譲りました(Ⅱコリント6:17)
Ⅲ、神に頼る者の幸い・・・アブラムは親族のロト家族と別れる寂しさを覚え、また、牧者や家畜のことを思い、不毛の地を見ては不安を覚えたことでしょう。しかし、「主は・・・直く歩む者に良い物を拒まれることはありません(詩篇84:11)とのみ言葉の如く、神はアブラムを憐れみ、近づいて下さいました。神はうな垂れていたアブラムに、「目をあげてあなたのいる所から北、南、東、西を見わたしなさい(14)と語りかけられました。神を見上げて、神に従うなら、見渡す東西南北すべての地を、アブラムと、生まれてくる子孫に与えると約束されました。神のみ言葉に従うならば、神はそのような素晴らしいことを私たちにも成して下さいます。その後、アブラムはヘブロン(交わりの意)に行き、主に祭壇を築き、日々、神と交わり、神を称え、主を礼拝し、与えられるみ言葉に生きました。神を愛する者の道は何と幸いでしょう(エレミヤ29:11)ヨシュアは、「あなたがたの仕える者を、きょう、選びなさい。ただし、わたしとわたしの家とは共に主に仕えます」(ヨシュア24:15)と選択を民に迫り、自らは神に仕えました。私たちが選択を迫られた時、自分の思いや願いに合うみ言葉や道を選ばないで、まず神に自分の思いや願いを委ね、神がみこころを示して下さるように祈り、与えられたみ言葉に従い、神の祝福を得る道を選んで歩みましょう。



教会の各活動


午後は、翌日に行われる教区信徒大会(喫茶店)のリハーサルを行いました。


今週~来週の予定

■聖書研究祈祷会 火曜日(30日)10:30~


聖書:箴言16章24節
題:魂に甘い
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:316、339

■聖書研究祈祷会 水曜日( 1日)19:30~


聖書:創世記
題:人間の罪
説教者:長谷川ひさい師
新聖歌:359、446、260


■主日礼拝  来週日曜日( 5日)10:30~


招詞:イザヤ45:22
交読文:2 詩篇8
聖書:創世記14:1~24
説教者:長谷川和雄師
題:神による勝利
新聖歌:4、206、102